NEWS GEISPO

【ブルセラ症】50代獣医師が感染 インフルエンザと酷似=千葉・鴨川

【ブルセラ症】50代獣医師が感染 インフルエンザと酷似=千葉・鴨川を含む投稿

画像 千葉県疾病対策課は、鴨川市内の医療機関に入院している獣医師の50代男性が感染症の「ブルセラ症」に感染したと発表。統計が始まった1999年以降、千葉県内での発症は初めて。ブルセラ症は発熱や倦怠感、関節痛などが特徴で、症状はインフルエンザに酷似。感染した家畜や犬の汚物や死体に触れた際に感染し、人から人へ感染することは殆どないという。同課は「動物の汚物には直接手で ...

上位ピックアップ記事