《西日本豪雨災害》 広島県では複数箇所で土砂崩れ、甚大な被害に

topic3

西日本を中心に起きた記録的豪雨は、九州の福岡県、長崎県、佐賀県に大雨特別警報が発令されて以降、徐々に拡大し中国地方から近畿地方にまで広がりました。その中でも最も大きな被害を受けたのが広島県で、土砂崩れや河川の氾濫が相次ぎ、甚大な被害をもたらしました。

読売新聞のまとめでは、9日午後11時現在、12府県で127人が死亡、7府県で61人が行方不明。豪雨災害の死者数としては、平成では最悪の被害となった。救援を待つ被災者の生存率が低下するといわれる「発生から72時間」を同日夜に迎え、警察や自衛隊などが懸命の捜索活動を続けている。

引用:YOMIURI ONLINE

大雨特別警報 岡山県倉敷市真備地区の模様

出典:YouTube

■SNSで投稿された画像・動画

多くの人命が奪われた西日本豪雨災害
亡くなられた方々に心からご冥福をお祈り申し上げます。

この記事をシェアする

  • ツイッター
  • Facebook
  • Google+
  • はてブ
  • Pocket

NEWS 365をフォローしよう!

コメントを残す

作成者: NEWS 365 事務局 │ リンク: パーマリンク │ 閲覧数: 3PV │ コメント: 0 件

上位ピックアップ記事